フラワーオブライフと秘教

秘教徒にとって、フラワーオブライフは普遍的な創造の象徴であり、自然界にある6つの力、そして7番目の「すべての力、またはすべての統合である絶対的な力」を示しています。

冬至の弟子の祝祭(Festival Week)の最新情報を翻訳しました。そして写真は2019年の冬至のシンボルである、フラワーオブライフwithアクエリアス。このシンボルとても好き!です。アクエリアス時代がフラワーオブライフの時代になるのですね。秘教の七光線という生命の源が、自然界にある6つのチカラを愛で統合して7つになる…というロジックに、とても心が喜びます。六芒星という二つの三角形。「私と、私の魂。ふたつの統合」森羅万象の法則は美しいですねぇ…。

**********************
秘教徒にとって、フラワーオブライフは普遍的な創造の象徴であり、自然界にある6つの力、そして7番目の「すべての力、またはすべての統合である絶対的な力」を示しています。このシンボルは、花のような模様でアレンジされ、等間隔で重なり合う円で構成され、それぞれの花の中心からは、自然界の6つの力である6つの花びらが広がり、それを囲む円の淵まで届くことで「すべての力」を統合します。完璧な形、比率、調和をなす6つの円周の上に、花の中心は置かれます。したがってフラワーオブライフとは、すべての正しい関係を創り出す時と空間における基本的な生成力と言えるでしょう。生命の源である七光線の観点から考えると、この太陽系で作られる「すべての力」とは愛と知恵の光線であり、残りの6つの光線をらせん状にまとめて活動させるよう導きます。

この創造的なプロセスの自然界における形は、雪の結晶の美しい幾何学模様です。そしてさらに人間も、三重のパーソナリティと霊的トリアッドーこの二つの三角形の真ん中にあるコーザル体(魂)において完全に統合することで、完璧な六芒星であるフラワーオブライフに変容します。 浄化された心と愛を成すことで、人間を構成するパワーの内にある幾何学はフラワーオブライフに変容、人間王国に根ざして成長する世界的なフラワーオブライフの一つになるのです。世界奉仕者の新集団ー生命のチカラとなる光のフォースの母体を通して、「天に在る万物の法則」は確実にこの地上で具体的な形になるでしょう。

アーケインスクールの生徒への手紙より
WEBサイトはこちらhttps://festivalweek.org/ja/news-article/symbols-capricorn-and-the-festival-week-news