これぞ秘教!

関西講座の教科書は「ホワイトマジックがいい?」「秘教心理学?」「グラマーもいいな」…と迷い中。DK大師が現代心理学を辛辣に書いてる行間に、魂を置き忘れてる現代の限界を感じるのもいい感じー。グラマーは読んでて心に刺さるけど「今もっとも大切」と思うし、「ホワイトマジック」は現代のスピリチャルブームの警鐘になる。まぁ、どれを読んでも「いたたー」な感じ(笑) それが気持ちよく感じる私って…(;’∀’)

パラパラ読んでいたら、この文章が目に留まった。これぞ秘教!…っていう文章。人間が書いたら「証拠はあるんですか?」と批判される。でもきっと「そうだよ」と本能で知ってる人が増えたら、一気に時代は変わるんだろうな。

********************
存在しようという意志は完全に太陽系の外側から発生する。それはすべてに浸透する神のエネルギーであり、太陽系全体をその断片で活気づけながらも、太陽系の外側にとどまっている。計画と目的はその中心的な生命から発せられるエネルギーに関係しており、二重性ー意志である生命衝動と引き付ける磁力的な愛ーを含んでいる。この磁力的な愛とは、意志のエネルギーの衝動に対する振動する普遍的な質料の反応である。~秘教心理学・第一巻

確かな意思を自分に感じる時、「生きてる」と感じる。確かな意思は、愛でもあり、宇宙(太陽系外)につながること。それが同義語だなんて本当に嬉しい★