空海と弥勒菩薩

★空海と弥勒菩薩★

秘教学で最も大切な概念に「キリストの再臨」があります。イエスキリストは再びこの世界を救いにやってくる…と。その人を「イエスキリスト」とよぶか「クリシュナ」と呼ぶか、信じる宗教によって呼称は違ってよい…のですが、秘教学では「キリスト」で統一しています。

私自身はやっぱり「弥勒菩薩(マイトレーヤ)」がしっくりきます。弥勒菩薩様がお帰りになる日。…と聞くと心がほんわかします(^^)

再臨を信じるか?信じないか?は個人の自由ですが、秘教学を読み進めると、その概念が前提に書かれた文章が多いので、反発する人は挫折するでしょうし、受け入れる人は続けるのかもしれません。私は正直どちらでもなく、救世主依存には距離を置いて、まずは自分の精進…と思ってます。

ただ空海が歩いたお遍路を辿ると、ふと「再臨」が腑に落ちる感覚になりました。それは…。

…..弥勒菩薩さまがいたら、いまの苦しみから解き放たれる人は、たくさんいるだろうに…。人々が去って建物が朽ちた村々を歩くと、この寂しい残存に救いがあるようにーと、ふと手を合わせたくなるのです。

そんな空海はある誓いを残して入定(逝去)されました。~弥勒菩薩の浄土に生まれて一切衆生を見守り、五十六億七千万年の後に弥勒菩薩と共に下生して衆生を救う~

弥勒菩薩と空海…セットでやってくるんだ!それはやっぱり、シンプルにワクワクしませんかぁー。写真でお二人を並べてみました。来てくれるといいなぁー(*‘∀‘)

追記:お遍路中は予め書いてた秘教占星学の投稿、読んでくださりありがとう。明後日からは新しいテーマで…。