秘教学セミナー in ジュネーブで講演しました

★秘教学のジュネーブでのセミナーで講演してきました
★秘教学ジュネーブオフィスに行ってきました

秘教学の中で世界奉仕者新集団という言葉が出てきます。それは、よりよい世界のために奉仕活動を行うというものです。奉仕と言っても、日本語で言う奉仕ではなく、自分の持ち場で目の前の仕事を一生懸命行う、というトーンでの奉仕のことを言います。

その流れでWorldGoodWill(世界の善意)という活動があるのですが、秘教を統轄している団体であるルーシストラスト(LucisTrust)が、国連と連携しながら行っている活動です。そのWorldGoodWillのイベントで仲間とやっているSDGsのカードゲームの活動の紹介するための講演を実施してきました。

今年の5月にロンドンで行われた秘教学のカンファレンスに出て、その時に来ていたニューヨークの代表とロンドンの代表が我々がロンドンで実施したSDGsのゲームに参加してくれて、その流れで今回の話にいたりました。まさかSDGsと秘教学がつながるとは、、不思議なご縁です。

実はルーシストラスト(LucisTrust)が国連の外郭団体でもあったので、国連ジュネーブ事務局であるパレ・デ・ナシオン(Palais des Nations)での実施です。ここは国連が1945年に出来る前の団体である国際連盟の本部でもあります。(国際連盟は国連に役割を譲りなくなり、その場所は国連ジュネーブ事務局になりました)

なのでヨーロッパの格式感バンバンです 笑

当日、イベントには100人程度の人がヨーロッパ各国から集まっていました。

ジュネーブはフランス語圏なので、基本的にはフランス語で進みましたが、フランス語も苦手な人がいるので、話す内容を英語で事前に送って、それがドイツ語、イタリア語、ロシア語、フランス語に訳された資料と共にスタートです。さすがヨーロッパ、という感じ。

4名の登壇者の1人として(実際には仲間と2人で)、SDGsカードゲームを通じて、個々人の意識変容、社会の意識変容を促す話をしてきました。

秘教学が目指していることは、個々人が気づきの領域を広げ、意識の進化変容を進めることで魂につながり、世界のより良くする大計画をサポートする活動、秘教学的には奉仕をすることです。講演後は、みなさん、大変共感してくれて、最後は大きな拍手をもらいました。世界中に同じようなマインドセットで同じものを見て共に進んでいる感じでそれだけで温かくなってしまいました。。

その後、ジュネーブの秘教学(LucisTrust)のオフィスに行ってきました。

秘教学では、地球のチャクラは現時点ではニューヨーク、ロンドン、ジュネーブ、ダージリン、東京の5つと言われていてジュネーブはその1つです。ニューヨーク、ロンドン、ジュネーブにはオフィスがあり、ダージリンでは秘教の活動が広がり始めていて、東京でも秘教学が盛り上がりはじめていることにとても喜んでいました。人間と同じようにチャクラ間のエネルギー交換は重要で、東京が盛り上がることで地球全体の活性化、進化につながるからです。

最後にスイス定番のチーズフォンデュの夕食で終わりました 笑

国境を越えて、同じ世界観を見ている人たちと話をするだけで、つながりを感じ、世界とのつながりを感じる1日でした。
同じ世界観を見る人たちが日本でも増え、地球のチャクラの1つである東京がエネルギー的に活性化するためにも、秘教学を学び続けたいなー、実践し続けたいなーっと改めて思った1日でもありました。

12月から連続講座(初級講座)を行います。
タイミングが合う方、共に進みましょう~!
https://www.facebook.com/events/493373751176786/