グラマーとイリュージョン

★グラマーとイリュージョン★

グ・ラ・マーですよ。ありますよね?あるはずです。私はグラマーまみれですよ!そして、大阪秘教クラスでは「いてててーー」とか「えー?あー!うおぉーー」と、泣き笑いしながら、大盛り上がりです!

グラマーの消散は、弟子道の大切なプロセスですので、「わたしはデシだー」と思うならば、ぜひ一読ください。解説付きなら読みやすいですよ。来年一月からの名古屋クラスでも輪読します。

さて、グラマーには四種類あります。①イリュージョン(メンタル体)②グラマー(アストラル体)③マーヤ ④敷居の住者。秘教学ではまとめて便宜上「グラマー」と言うのは、いまの人類がまさに「グラマー退治」の真っ最中でもっとも強い力がグラマーだから。しかし、グラマーが終わったら、次はイリュージョンが待っています。あーいつまで続くのー弟子道!

その弟子道を荷軽く歩くために、③と④は難しいので、しばし忘れましょう。必須なのは「イリュージョン」と「グラマー」を覚えること。弟子は二つを明確に識別することが大切。

グラマー‥‥アストラル的(感情)であり、今日ではイリュージョンよりも遥かに強力。人類を拘束する主な5つのグラマーは①物質主義 ②感傷 ③献身 ④相反する対をなすもの ➄道。つまり不安や怒り、分離感情に根ざしたアストラルエネルギーです。質料としても、とても重い。

イリュージョン…メンタル知的であるが未熟な人々に特有のもの。アイディアの誤った理解であり、誤って解釈された想念形態。感情的ではないが「これが正しい」というアイデアや思想を信奉するエネルギー。質料的にはグラマーほどは重くない。

グラマーの終焉は、人気のあるセラピーや療法によく見かけます。感情解放セラピー、アファメーション、NVC、クリーンランゲージとか。「私はそのままでよいのだ!」というパワフルな解放に至るように、感情や深層を気づかせる療法が人気です。進化に必須なことなので、ありがたいですね。

しかし、それで終わり!…と思ったら、次はイリュージョンです。よく見てると、グラマーを消散させるセラピーの使い手で、イリュージョンに陥ってる人を見かけます。「これが素晴らしい!これが一番!」と信奉しなくては、療法の使い手になれないのでしょう。セラピーを広めたり、経済的にも成功しようと思うと、イリュージョンの世界へと向かってしまうような…そんな感じです。でも、それも全体の進化の螺旋プロセスだと思います。

いまイリュージョンからの解放が難しいのは、国、会社や宗教組織など、お金や政治とも密接な領域ですから、簡単に終焉させられません。私たち人間はパワーに屈しやすく、しかも幻想を抱いています。そのパワーの源にある思想やアイデアが偉大であるほど、(または利益が膨大であるほど)、イリュージョンから抜け出すのは難しいです。インターネットやSNSもイリュージョンだと私は思います。

しかし、昨日の日産のゴーン会長の逮捕!びっくりしました。あれで、日産のイリュージョンが解体されるのだなぁーと思いますが。かなりのカオスになるでしょうね。

ちょっと長く書いたので、明日はおやすみ。
また続きは水曜日に!
**********************

今日、イリュージョンは非常に強力であるため、何らかの方法でマインドを発達させていても、錯覚に基づいた巨大な想念形態に支配されていない人はほとんどいない。この想念形態は、多くの人の低位パーソナリティ生命と欲求性質に起因するものであり、そこから生命力を引き寄せている。…イリュージョンはまた、歪められた想念形態を大衆のマインドに押し付けようとする多くの献身的で理想主義的な人々の努力によって他の場合よりも強力に凝結される。…世界イリュージョンを大規模に扱う時間はまだ訪れていない。なぜなら、人類はまだ十分にメンタル的になっておらず、イリュージョンはその最高点に達していないからである。しかし、グラマーを消散させるためにとるべき最初の一歩を踏み出す時を告げる鐘はすでに打たれた。

引用:グラマー