クリスマスによせて~③

来年、とある場所で「アクエリアス時代」について語ることになりました。パイシス(魚座)からアクエリアス(水瓶座)へ移行する大きな時代の節目で、何が消え去り、何が顕現してくるのか?簡単にいえば、それは第六光線から第七光線への移り変わりですが、自分はどちらの光線の影響をどううけているのか?を知ることは、人生を豊かに創造するには、とてもありがたい導き(智慧)だと思うのです。そして、アクエリアス時代の智慧が明確に、豊かに書かれている秘教学を学び、その智慧を届ける喜びを感じています。ありがたいです。

イエスキリストは、アクエリアス時代の到来を、すでに自分が始めたパイシス時代の始まりで予言していました。最後の晩餐の舞台となった「二階の部屋」の出来事です。

アクエリアス時代の到来を祝福しあえる仲間と
あなたが出合えていますように★
クリスマスに仲間(家族)と
素朴な食卓を楽しめますように★
******************

水瓶を持ちアクエリアスを象徴する弟子たちを案内し、すべての弟子たちが参加して最初の聖餐式が行われた二階の部屋の物語。そこで、パイシス時代という試練の後に訪れる時代において人類を特徴づけることになる偉大な関係が予言された。このような聖餐式はまだ行われていないが、新しい時代において行われるようになるであろう。

引用:国家の運命 第八章「キリストと来るべき新時代」