★イースターと満月の祈り★

イースターは春分のちの
最初の満月がある週の日曜日。
満月は4月19日20時13分なので、
イースターサンデーは4月21日。

4月のイースター満月
5月のウエサク、
6月のキリストの満月
この三つは集中して祈願を唱える日。
ハイラーキーとの道がつながる日。
秘教が大切にしている三か月です。
満月となる12時間前から
意識を霊的世界とつなげ続けます。

今年は申し訳ないのですが、
4月は東京某所、5月は四国、6月は海外
それぞれのご縁に導かれたので、
エソテリ東京のイベントはありませんが
みなさんも自分の導きの場所で
この世界に光と愛がさらに降り注ぐよう
共に祈りましょう。

まず明日はイースターフルムーン。
しかも二度目の牡羊座満月です。
長くなりますが、
本部のメッセージと共に祈願を投稿します。
*******************

牡羊座は浄化のために火(意志)をつかい、
この一か月は古きことが
新しいことに入れ替わったことでしょう。
この満月は、その浄化から復活した
本質(魂)を祝います。
そして、それはあなたのなかにあります。

牡羊座はいつも叫びます。
「あなたのなかにしか答えはない!」
それが真理であり、叡智だと知るのは
輪廻転生を誠実に重ねてきた
魂に還る道を歩むイニシエートだけです。

秘教的に牡羊座は、
最初と最後をつなげます。
欲望が、帰還の道では意志となり
移ろう想念は、理性に。
本能的な行動は、奉仕となる。

あなたが選ぶ道は、
自由意志があるかぎり
「あなたしか選べない」

しかし、霊的世界はずっと
あなたが源へ還ってくるのを助け
魂の成長を応援しています。

魂へと還る旅の支度が整いますように。
古い価値観の浄化や焼失を
恐れない力を授かりますように。
*********************

KEYNOTE: “I COME FORTH AND FROM THE PLANE OF MIND, I RULE.”

Aries transmits the energy of the first Ray of Will or Power, a power that can be destructive or creative and purifying depending upon the vehicle which it contacts. It is a fire sign and the purveyor to our solar system of pure, electric fire which fosters and nourishes heat as well as burning and destroying all limitations both individual and within the world at large. In Aries it is said that the “jungles of experience are set on fire and dissolve in flames and…the Path stands clear and unobstructed vision is achieved.” Fire is the great liberator, clearing away obstacles and bringing forth the truth. And through the agency of fire, Aries is said to “fuse the beginning and the end, to blend the opposites and dispel both time and space”.
As mentioned, Aries coincides with the Easter Festival, the great Christian festival of rebirth. The Crucifixion experience was meant to demonstrate the reality of “life more abundant”, not the focus upon death that has characterised the church’s interpretation of the event. The keynote of the new age understanding of this festival will be upon resurrection, symbolising the precipitation on Earth of a new kingdom in which all will be free from death and released from the cross of matter. Christ came to show us the nature of the “saved life”, to demonstrate the quality of the eternal self which is in everyone. And the lesson of the Crucifixion and the Resurrection is that the lower nature must die in order that the higher may manifest, and the eternal immortal soul must rise from the tomb of matter.
Each year at this festival there arises the restoration and renewal of all life in all human hearts. “I come forth and from the plane of mind, I rule.” Let us reflect on the application of this keynote to daily life and in so doing allow the thoughts which our souls create to reach and encourage all humanity