★イースターの満月★

いよいよ今夜20時すぎ、復活祭の満月です。満月がみえる静かなで、瞑想&大祈願を唱えます。みなさまもご自分の場所から!東京は雲があるけれど、お月様は現れそうです。

このイースターの満月に祈る大切さを、書き残します。

復活祭:すべての人間の教師である霊的ハイラーキーの長である復活した生けるキリストの祭り。キリストは愛の表現である。この日には、彼が指導して監督する霊的ハイラーキーが認知され、神の愛という性質が強調される。
~人類の問題より

この新しい宗教の仕事は、霊的なエネルギーを分配し、その時期に受け取るのに適さないエネルギーやフォースから人類を保護する。少し注意深く考えれば、このようにして人類を保護し、霊的なエネルギーの分配や移動を通じて人類を刺激するといった考えが、来るべき満月の祭りにおいてどのように存在しているか分かるであろう。そのようにして、時期に応じて正しい措置を講じ、人類を闇から光へ、死から不死へ、非リアリティからリアリティへと導くことができる。自分が新しい世界宗教の基本的な教義を定着させる仕事に参加していることを認識することで、自分のメンタル的な活動や霊的な活動に拍車をかけてほしい。
~ハイラーキーの出現より

最後に、月光のもとで読む詩をシェアします。光がこの世界に注がれ、人類が魂に目覚める準備が整いますように。あなたがその架け橋となりますように。

神は全体から部分へと愛を注ぐ。
しかし、人間の魂は個人から全体へと
上昇しなければならない。
自己への愛は、
小石が穏やかな湖面を波立たせるように
高潔なマインドを目覚めさせるのに
役立つだけである。
中心が動き、波紋がまっすぐに広がっていく。
一つ、そしてもう一つと広がっていく。
それは友人、両親、隣人をまず包み込み
次に自らの国を、そして人類すべてを包み込む。
広く、より広く、マインドの氾濫は
あらゆる種類のあらゆる創造物を取り込んでいく。
地は限りない賜物を授かり、周囲に微笑む。
そして、天はその似姿を胸に抱く。
~「ベツレヘムからカルバリーへ」より